バストアップブラジャー

なぜ出産授乳で胸がしぼんでしまうの?バストの悩み解決します!

投稿日:

なぜ出産授乳で胸がしぼんでしまうの?

 

バストの悩み解決します!

 

出産を経て、授乳すると「胸がしぼむ」のは本当にショックなことですよね。

 

しかし、これは身体の自然なはたらきに伴うもので、誰でもそうなってしまうのです。

 

それでも悩みを解決するには、まずは「しぼんでしまう理由」を知ることが一番です。

 

ここでは出産授乳で胸がしぼむ理由と、その解決策をお話ししたいと思います!

 

 

【出産授乳で胸がしぼむ主な原因は「女性ホルモンの分泌」にあった!】

胸が小さい悩み解決

このお話は「成長期」に遡って始まります。

 

女性の第二次性徴期がスタートすると、脳下垂体からの命令で、月経の周期に合わせて女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が始まります。

 

エストロゲンは胸の中にある乳腺を成長させます。

 

この乳腺こそ、将来母乳を分泌する組織で、胸=乳房の中心的な存在となるものです。

 

そして大切な乳腺を守るために、皮下脂肪が乳腺の周りに集まるようになり、乳房の生長が始まるのです。

 

やがて大人になった女性が妊娠すると、脳下垂体からの命令による分泌に加え、胎盤からもエストロゲンともうひとつの女性ホルモン「プロゲステロン」が大量に分泌されるようになります。

 

エストロゲンの作用で乳腺はますます増殖し、プロゲステロンはエストロゲンで増殖した乳腺組織を発達させるので、より多くの皮下脂肪を集め、乳房はこれまでよりも大きくなってくるのです。

 

そして無事出産し、授乳が始まると、これまで分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンの分泌が一気に減少します。

 

そして乳腺が退化し、それに伴って皮下脂肪も乳腺を守る必要がなくなるので、周囲に逃げて行ってしまいます。

 

また、大きくなった乳房を包んでいた皮膚も、中身がなくなるのでたるみます。

 

これが「出産授乳で胸がしぼむ」理由です。

 

 

【マッサージとエクササイズで、バストアップしよう!】

バストアップブラジャー

出産授乳後、また女性ホルモンが分泌されて月経が戻ってくると、乳房もある程度回復してきます。

 

この時に、より乳腺を活発化させるには、マッサージで刺激を与えるのが効果的です。

 

また、乳房周辺の血流やリンパの流れを良くすれば、乳房全体の代謝が良くなり、皮膚にハリが戻ってきます。

 

そして、乳房の土台になっている「大胸筋」を鍛えることも大切です。

 

以下にバストアップに役立つ、マッサージとエクササイズを紹介します。

 

 

○バストアップのためのマッサージ

 

 

乳房の下から包み込むように手を当て、上に引き上げながら内側に回転するようにさすります。

 

手を回転させつつ、乳頭に向かって絞り上げるようにさすります。

 

これを入浴後などのリラックスタイムに30回ずつ行いますが、あくまでも痛みを感じない程度の力加減にしましょう。

 

 

○バストアップのための大胸筋エクササイズ

 

乳房の前で両方の手のひらを合わせますが、力を入れやすいように少し角度をつけて合わせるようにします。

 

乳房よりも少し前方に合わせた手のひらが来るようにし、7秒間手のひら同士を押し合います。

 

この時、左右の鎖骨から胸にかけて、力がしっかり入っていることを意識しながら押し合いましょう。

 

これを1セットにつき5回ほど繰り返します。

 

 

産後5~6か月は乳房周辺の脂肪組織が流動性を持っているので、この間にエクササイズを行ったり、ブラで乳房の形をキープしていくとよりよい結果が得られます。

 

 

○なぜ出産授乳で胸がしぼんでしまうの?バストの悩み解決します! まとめ

 

「出産授乳で胸がしぼむ理由」がわかれば、その後の対処もある程度行うことができます。

 

そのままにするのではなく、積極的にマッサージやエクササイズなどで、乳房をちょっとずつ鍛えると、その分悩みも小さくなるでしょう。

 

また、なるべく規則正しい生活を送り、女性ホルモンの分泌が正常に行われるように工夫することも大切です。

 

また正しいリフトアップブラジャーをつけることも大事です。

 

私が使っているリフトアップブラジャーはこちら。

 

-バストアップブラジャー

Copyright© 通販屋さん , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.