風鈴ウィンドチャイム

風鈴はなぜおすすめ?風鈴の効果、リラクゼーションに最適、風鈴の由来ルーツ

投稿日:

 

風鈴が奏でる音は、日本の夏の風物詩でもありますね。

 

実際に日本の夏は高温多湿であるため、冷房のなかった時代は「少しでも夏を快適に過ごすための工夫」として、今以上に風鈴がもてはやされてきました。

 

この風鈴には、実はとても奥深い由来があるのです。

 

「どうして涼しい気分になるの?」「癒される気がするの?」といった疑問にもお応えしつつ、お話を進めたいと思います。

 

 

【そもそもは中国の「占いの道具」だった】

 

 

風鈴のルーツは中国にあると言われています。

 

唐の時代、人々は風鐸(ふうたく)と呼ばれる、今の風鈴よりも大きな鐘を竹林の東西南北にくくりつけて、風の流れや音の鳴り方で物事の吉兆を占っていました。

 

この風鐸が仏教伝来とともに日本に入ってきたことが、その後風鈴が生まれたきっかけとなったのです。

 

 

【風鐸は「厄除けグッズ」として定着した】

 

 

日本に入ってきた風鐸は、寺院において建物の四隅に取り付けられ「厄除けグッズ」として使われるようになりました。

 

これは当時「強い風が流行病や疫病神を運んでくる」と言われていたため、風鐸の鳴る音で邪気を払い、建物に悪しきものが入ってくることを防ごうとする考え方によります。

 

平安時代に入ると、貴族たちが寺院にならって、自らの屋敷にも風鐸を取り付けるようになりました。

 

 

【風鐸が風鈴となった背景】

中川政七商店 江戸風鈴 みずたま
価格:2592円(税込、送料別)

 

 

風は一年中吹くため、風鐸の需要に季節は関係ありませんでした。

 

しかし時代が進むうち、特に夏は気温が上がることでものが腐りやすくなり、流行病が発生しやすくなるということで、風鐸は「暑い時期の厄除けグッズ」、つまり暑気払いの道具として定着するようになりました。

 

「夏のもの」になったのは江戸時代と言われています。

 

江戸中期に入ると、長崎から「ビードロ細工」が江戸に伝わり、これまで青銅で作られていた風鐸もガラスで作られるようになりました。

 

風鐸は形を小さく変え「風鈴」となり、商家をはじめとする裕福な家庭で流行するようになったのです。これが「江戸風鈴」のはじまりです。

 

大正時代に入ってから、南部鉄器で有名な岩手で鉄製の風鈴が作られるようになり、以後風鈴のバリエーションもどんどん増えていったのです。

 

 

風鈴のゆらぎとは?

 

 

ところで、風鈴は風を受けて音をたてますね。

 

この音は「ゆらぎ」と呼ばれる不規則なリズムで奏でられますが、小川のせせらぎや小鳥のさえずりと同様の高周波音を出すことで知られています。

 

この「ゆらぎ」のリズムを持つ音は多くの日本人が「癒しの音」と感じ、実際に自律神経をリラックスさせる効果があるのです。

 

また、多くの日本人には「風鈴の音=涼しい」という「無意識の思い込み」があります。

 

この「無意識の思い込み」が脳に働きかけるため、風鈴の音を耳にすると本当に体温が下がる人が多い、という実験結果が出ています。

 

このように、しかるべき理由があって風鈴の音は涼しく、心地よい癒しの音に感じられるのです。

 

 

まとめ 風鈴はなぜおすすめ?風鈴の効果、リラクゼーションに最適、風鈴の由来ルーツ

 

 

最近、夏が来るたびに「記録的な暑さ」という言葉を何度も耳にします。

 

地球温暖化による異常気象や、エアコンの排熱などもその原因になっていると言われますが、今こそ風鈴の効果を見直してみるのはいかがでしょうか。

 

涼しさやリラクゼーションをもたらしてくれる先人の知恵を、もっと生かしたいものですね。

 

-風鈴ウィンドチャイム

Copyright© 通販屋さん , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.